今日中にお金が必要ならプロミス!
今日中にお金が必要ならプロミスでキャッシング!

今日中にお金が必要ならプロミスでキャッシング!

※こちらのサイトは2016年5月31日時点の情報です。
店舗窓口・ATM情報は随時変更されるため、必ず公式サイトをご確認ください。

プロミスならスピディー


リスト これから【プロミス】自動契約機に行きますか?!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ


キャッシングサービスを契約するために、多くの金融機関では収入証明書の提出が求められます。しかしプロミスなら一定の条件を満たすことで収入証明書不要での契約が可能となっています。 プロミスのキャッシングが収入証明書不要となるには2つの条件があります。

1つが利用限度額を50万円までとしてキャッシングの申し込みをすること、もう1つが他社からの借り入れがある場合には、申込時の利用限度額と他社からの借り入れ金の合計額が100万円までとなっていることが条件となります。

収入証明書不要で申し込みができれば、契約にかかる手間を大きく省くことができますし、審査スピードも速くなることが期待できるので、多くのメリットがあります。

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!


プロミス自動契約機検索

キャッシングの申込み方法


消費者金融は電話、店頭窓口、自動契約機、ホームページといろいろな申込方法があってどの方法で申し込んでも即日融資に対応してもらえます。最近では自動契約機とホームページで申し込むのが主流となっているのでこの2つの申込方法を見ていきましょう。

自動契約機で申し込む時は本人確認書類となる運転免許証を持参して自動契約機に出向きます。中には機械が設置されていて電話も備え付けられているのでオペレーターと電話で会話しながら機械を操作して手続きを進める事が出来ます。そのため初めて利用する人でもスムーズに手続きが出来るので心配する必要もありません。契約手続きが終了したらその場でカードが発行されて融資可能となりATMでの借り入れとなります。

ホームページで申し込む時はパソコンかスマートフォンで申し込む事になります。まずホームページで個人情報や勤務先情報を入力してから審査やスマートフォンの公式アプリで本人確認書類と収入証明書を提出して契約手続きをしていきます。それで契約手続きが終了したら融資可能になって振込キャッシングでの借り入れとなります。

自動契約機とホームページのどちらとも即日融資に対応していて契約手続きもスムーズに出来ます。そのため自分の都合に合った方を選んで申し込むといいでしょう。

キャッシングの本人確認は運転免許でOK


新規にキャッシングの口座を作ろうとしたときに必要となるのが本人確認です。かつては本人確認の必要書類の送付などは面倒でしたが、現在では運転免許証があればそれで本人確認書類としては十分となっています。

店頭での申込みはもちろん、店外の自動契約機での申込みでも運転免許証があれば問題ありません。自動契約機の場合は免許証を置くと遠隔操作で読み取ってくれる機械が付いていますので、そちらで申請することになります。

さらにオンラインでの申込みはもっと簡単になっています。昔は免許証の両面をコンビニなどでコピーして、それを別途送付する必要があり、実際に借りるまでの期間がそれなりに必要でしたが、現在はスマホに付いているカメラで写真を撮り、それをそのまま送付することで本人確認が完了します。

もちろん運転免許証以外でもパスポートや住所の入った保険証など本人確認書類として認められるものはいろいろありますので、運転免許証がなくても安心してください。

消費者金融のキャッシングがおすすめな理由


アルバイトやパートで働いている方でお金を少し借りたいと思うなら消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融からお金を借りることに抵抗を感じる方もいらっしゃるとは思いますが、銀行のグループに入っているような大手の消費者金融であれば安心して利用することができます。

消費者金融のキャッシングには総量規制という制度があり年収の3分の1までしか借り入れができないようになっているので多額のお金を借りることは向いていませんが、生活をしていく上でちょっと必要になるお金を借りるのにはとても合ったサービスになっています。

消費者金融のキャッシングが何より良いのはアルバイトやパートで働いている方でも審査に合格しさえすればお金を借りられるということです。担保をとられることもなく保証人を見つける必要もありません。申し込みはインターネットに接続しているパソコンやスマートフォンから可能です。

ネット申し込みであれば店舗にも無人店舗にも行く必要はないので好きな時間に手続きをすることができます。お金に困ったことがあったら消費者金融のキャッシングを検討してみても良いと思います。

返済ルールを知って計画的に利用


キャッシングの利用残高を返済するときは、毎月の返済額は利息の支払いが優先で、その次に元金が返済されるということを知っておきましょう。

例えば、クレジットカードのリボルビング払いは、毎月の固定の支払い額が全て利用残高の支払いに充てられて、その金額に利用残高に応じた手数料が加算される場合もあります。 ただ、キャッシングはこのようなパターンとは異なり、固定の毎月の返済額からまず利息に充当され、残りが元金の返済に充てられることになります。

例えば、毎月の最低支払い額が5千円だった場合は、キャッシングの利用残高が5千円ずつ返済されるわけではなく、5千円からまず利息を支払い、残りの金額が返済にあてられることに注意が必要です。1ヶ月分の利息が2千円だった場合は、その月に実際に返済される金額は3千円です。ここで、毎月5千円ずつ利用残高が減っていくと勘違いしてしまうと、完済まで期間が思っていたよりも長いといったことになってしまいます。

早く完済したいので返済額を増やしたい時は、月々の固定の返済とは別に、いつでも任意で追加の返済ができます。余裕がある時にまとまった金額の追加返済をしておくと、最終的に支払うことになる利息の合計金額を低く抑えることができます。